げんべい商店の歴史

 

[江戸時代]

江戸文久三年(1863年)頃、相模の国葉山で足袋屋として創業しました。
店の名は創業者の葉山源兵衛の名を取り、
相刕屋源兵衛(そうしゅうやげんべい)と名づけました。

[明治・大正時代]

明治に入ると足袋離れが進んだため、相刕屋源兵衛は足袋を製作するかたわら、よろず屋へ商売を変えました。

[昭和〜現在]

1950年代にビーチサンダルの販売を開始し、現在のげんべい商店の基礎が出来上がりました。

葉山で営業を開始して150年以上。

これから先も葉山・逗子に根差し、皆さまの笑顔が集まる店を続けていきます。

公式オンラインショップ

げんべいをもっと見る

Copyright 2020(C) Genbei All Rights Reserved.